男も女もズルすぎるから気持ちよすぎるのです。

10月4日 木曜日 東京の天候 曇り 時々 雨 最高気温22度

今日は眠い睡魔との戦いで一日が辛かった。

毎日の起床時間は朝5時だが、今日はトイレで起きた時、時間を見たら朝4時だった。

あと一時間で起床ならば、すごい眠いが起きてしまえ、という事でそのまま起床したが、逆にそれがまずかったのか、睡眠のリズムが狂っているのか、物凄い睡魔との戦いの朝だった。

日中も今日は頭の芯に睡魔がはびこり、眠すぎてダメなので今日は4回仮眠した。

こんな事を書くと、お前、仕事しているのか? と言われそうだが、そこは大丈夫。

今日は鑑定仕事ですでに3万円を稼いだ。(辛い仕事だったけど・・・。)

実は今日は、自分の友達には、身内に不幸があって【葬式】だと言っている。

つまり、お友達から、あるお誘いがあり、断る理由が見つからず、苦しまぎれでこんな嘘をついてお誘いをお断りした。

まあ、このブログを読んでいる方々も、人生、こんな嘘はいくつもあると思う。

ただし、何度もつく嘘はいけないと思うが・・・・。

今日の東京の曇り空はあまりいい曇り空ではなかった。

タブレットのお天気アプリでは、雨マークは一つもないが、現実の天気は雨がポチポチ降っていた。もしお出かけしていたらやばい気持ちになっただろう。

今日も、ちょこっとブログで、【ぶっちゃけ論】を書こうと思う。

今日は、不倫の事について汚れた恋愛の評論を書こうと思う。

まあ、汚れた・・・という表現は正しくないとは思うが、いけない恋愛、にしておこう。

僕は、占い師をやって今年で28年目を迎えたが、この間、不倫、恋愛のご相談はすでに数えきれないほど膨大な依頼者が過去にいる。

この膨大な数の中の内訳は、被害者6割、実行者4割の割合だ。

お悩み相談は、ほとんどが女性で、男性の不倫相談は2割もないに等しい。

去年上映された不倫映画のセリフの中に、【不倫は恋じゃないよね・・・】というセリフがあったが、これは違う。はっきり言って(感情や衝動は)恋なのです。

ただ、結婚して、役所の手続き上、恋愛をすると罰があたる立場になっているだけで、人間の感情論の世界は、りっぱな・・・・いけない恋愛論。

まあでも、僕も長く不倫問題を受け切ったが、好きになってしまうと、ブレーキがかからないのが人間のいけないところ。

また、男も女も、いけないと思いつつ、引き返さないと・・・・と思いつつ抱きしめられるとつい気持ちよくなってしまうズルい関係が浮気や不倫の感情論なのです。

いけない恋をした人はみんなそうかもしれないが、【最初はこんなはずしゃなかった・・・】と、自分にも相手にも、また奥様・旦那様にも言い訳するが、本音は違う。

誰もが人生に刺激を求めての泥沼合戦。

不倫は、本当にいけないことなのか?

また、どのラインから不倫と呼ばれてしまうのか?

と、過去の相談してきた依頼者は、口々に言っていたが、僕が思うに、相手も自分も、心の中に【下心】があったら、それは口に出さなくてもすでに不倫だと僕はそう思っている。

こんな事を書くと、お前、不倫したことあんのかよ!

と聞こえてきそうだが、実は、正直なお話、僕もいけない恋愛の経験が過去にある。

今は、その当時の妻とは離婚してバツイチの独身の身ではあるが、もう24年くらい前の話だが、インターネットが普及し始めた当初、僕もメル友とやらを欲しくて、恋愛関係ではないが、メル友掲示板に【メル友募集】をしていて、その時に縁がありある女性がメールをくれたことがきっかけで、東京の新宿で、所謂、【オフ会】をやり彼女と待ち合わせをしたことがあった。

もちろん、当時の僕の妻には、メル友女性と会う事は内密のおでかけだった。

新宿で顔合わせした女性は、印象的には、普通の女性で、なんかキュートな顔をしていて、所謂見た目は悪くない女性だった。

かといって、どびきり美人でもないのだが、なあーんか、刺激的な印象。(笑)

なので、好みのタイプではなかったが、新宿駅で立ち話・・・とはなんなんで、まずは駅近くのファミレスでお話を・・・と、いう事でまずはお茶から始まった。

ファミレスでの彼女とのお話は、互いに軽快で刺激的だった。

僕から見た彼女は、悪い印象は決してなく、彼女はバツイチだったが、僕はずるい方法をとって、彼女に【独身】だと言ってしまった。

もちろん、妻がいる身で、妻には変な負い目が生まれ、彼女にも嘘をついて彼女に対しても変な反省が生まれた。

ファミレスの次は、カラオケボックスで時間を潰した。カラオケの後は居酒屋で二人で酒を飲んだ。

そのあとは、ラブホに誘ったのか・・・というと、その日は居酒屋だけで別れて、自分のカミさんには、駅で昔の友人に会ってしまって急遽飲み会になったと、堂々と嘘をついたのが泥沼の始まりだった。

そのあともそのメル友の彼女とは何回も外で会った。

彼女の部屋にも行って宿泊したこともある。

宿泊したってことは、することはやったのか? と訊かれそうだが、やろうと思って素っ裸になったが、EDだった。(笑) やはりカミさんがいる手前、自然に罪の心が下半身に反応してまったく元気がなかった。

彼女は、『どうして、できないの!?』と、不思議がっていたが・・・・。(笑)

しかし、その彼女との付き合いも2か月で終わった。

喧嘩別れをしたわけではない。

僕の場合、交際関係の印象が、あまり良くなかったために、自然と彼女から離れていったのが現実の別れた理由だった。

しかし、2か月の交際とは言え、また、セックスは現実問題としてしなかったとは言え、妻を裏切ったのには違いない・・・・。

僕は、2か月間、必死こいて浮気を隠し通したが、妻はもしかしたら勘づいていたかもしれない。

知ったか、知らないか分からないが、妻は僕の浮気話を僕の前でしたことはなかった。

逆に、僕にとっては、その知らない素振りが心苦しかったが。

結婚をすると、また婚姻届けを出した以降は、他の女性、男性とは、恋愛はダメか、というと、基本的には、ダメだと申し上げたい。

正確には、しない方が無難だと申し上げたい。

それは、縁する方々にも迷惑をかけ、自分自身も反省する場面が増え、運が悪ければすべてが破滅に追いやられるからだ。

人生において結婚をして、ひとりの人を、一途に永遠に愛し続けるには、相当な決意とエネルギーが必要だ。

慢性的なストレスだってたまってくる。

時には、日々の不満から、思いっきり喧嘩して相手を怒鳴ってやりたいことだってあるだろう。

ただ、結婚をして長続きするコツ、または秘訣はなんだろう、と考えた時、これは当たり前の話だが、我慢は絶対に必要だし伴ってくる。

ようは、喧嘩する時も仲が良い時も、失敗しないコツは、【相手を許せて、あなただけを、そして君だけを見続けられるか?】・・・究極はこれだけだと思う。

この【】の広がりが、円満に家庭につながって行くのだと僕は思う。

とにかく、夫婦というものを長く続けると、慢性的な無言の夫婦の呪縛から【解き離れたい・・・】と思うので、不倫、浮気で相手を見つけるのではなく、妻、旦那でいかに仲良く、楽しく、惰性打破ができるか、が、夫婦成功の秘訣だと思う。

このブログを読んでいる人で、浮気や不倫している人、また、してみたい誘惑にかられてる人も、行く末の果ては、【破滅】なのだ、とあなたに申し上げたい。

しかし、世の中は、【略奪】に成功する人もいるわけだが、これは決して良いことではない、と僕は思っている。

略奪愛でもし相手の女性男性を奪ったとしても、成功すれば、それは宿命と運命であるが、生涯、心はすっきりしない生活と人生になると僕はあなたに言いたいが・・・・。

ただ、略奪愛に成功しても、当の妻、旦那が最悪な性格の男女ならば、別れて心はすっきり晴れるかも・・・ですが。

まあ、基本的に、浮気、不倫は、良くないのですよ・・・と言っておきます。

今の、妻と旦那を愛する秘訣を見つけることが永遠の愛の証だと僕は思います。

今回も僕のブログを最後まで読んでくれてありがとうございました。

このブログを観覧するすべての方々の幸せを祈りつつ・・・・。

By 題刻堂

Follow me!

コメントを残す

Translate »
Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ