17年ぶりの映画鑑賞は衝撃的でした。

6月11日、日曜日 東京都の天候 曇り 時々 晴れ の 予報 
最高気温26度

今日も有料鑑定の依頼件数はそこそこだが、無料鑑定の仕事は相変わらず目一杯入っている。

今日は、鑑定の仕事がひしめき合っている中でのブログ更新なので、すべてのネットの雑用の仕事を前倒しでやり、出来るならば午前中にこのブログの原稿を書いてしまおうかと粋がってみたが、所詮、無理な話に終わった。

いつも思うが、ネットで仕事をやり出すと、あれもこれもやってしまおう、と、いつもの悪い癖が抜けなく、何かと寄り道的な雑用ばかりこなすようになるので、結局、このブログの原稿書きは、午後1時半過ぎからとなった。

今日は一段と寒い・・・・。(笑)

正確には、エアコンの冷房が効き過ぎて、めっちゃ寒い。

今いるこの男子寮の部屋が僕一人だけの【住まい】だったら、今日は絶対に冷房など入れないが、4人部屋で、一人(一か所)は欠員状態だが、他に二人の【野郎ども】がいると、【今日はちょっと暑いけど、冷房はいらないような・・・】、と思う日も結局、他の同室者の健康、主に熱中症を気にして、最終的にエアコンの電源をON!

昼間は幾分、気温が上がるからとは言え、このキンキン冷えのエアコンでは、夜中の冷房のかけ続けはさすがに我慢が、というか、心が拒否するので、問答無用で、僕の独断と偏見で、エアコンの電源は切るようにしている。

まあでも、今はまだ暑いと言っても、夜はまだ冷房の恩恵を受けなくてもぐっすりと寝られるのでまだいいが、来月からはそうもいかないだろう・・・。

昨日は、6月10日土曜日で、昨日の東京都の最高気温の予報は31度であった。

昨日はさすがに、自分でもめっちゃ暑いと感じ、キンキン冷えのエアコンに感謝したが、実は昨日は前半戦、つまり、朝から午後1時過ぎまで用事で出かけていた。

用事で出かけてはいたが、日常の仕事の営業回りではない。

昨日は夕刻まで、仕事は休んで、自分の生活パターンとしては珍しい、要するに【遊び】という用事で外に出た。

まあ、このブログを読んでくれている感謝の観覧者の方々にも記憶にはあると思うが、昨日、6月10日土曜日は、テレビのCMでもだいぶ近頃【お馴染】になっていた、例のあの衝撃の話題作、映画の【昼顔】の上映の初日の日で、実は昨日、この昼顔を観に行って来たのだ。

僕の場合、映画館に足を向けるのは、本当に珍しい行動で、昼顔の前に観た前回の最後の映画は、2000年公開だった、メグライアンとトムハンクス主演の映画、【ユーガットメール】の映画を観たのが最後の僕の記憶なので、昨日の昼顔の映画は、ざっと計算して17年ぶりの久しぶりの映画鑑賞という事になる。

映画・【昼顔】は、知っている人は知っていると思うが、テレビドラマの【続編】で、最初は、確か、2015年の夜に放送していたテレビドラマが【初回の昼顔】だが、初回放送の全話はすべて僕は不運にも観れなかった。

観れなかった、という表現は確かに間違いではないが、その当時、部屋には小さな14型くらいのテレビはあったが、昼顔を放送する時間は、他のメンバーの【寝る時間】とぶつかっていた為、当時は、テレビのイヤホンもなかったので、まったく初回放送の全話は残念な結果に終わった。

そして、翌年だったと思うが、ある時、午後から【再放送】をやる情報を寮が購読している産経新聞のテレビ版のページで発見して、【これはイイ(^^♪】とばかりに喜んだ瞬間があった。

また、他の部屋の寮生の朝食後の新聞観覧で、【その情報】を見つけた【昼顔好き】のメンバーと、朝食堂で盛り上がり、その再放送の時は、【前の部屋にあったテレビ】は故障の為、処分をしてなかったが、僕は運が良く、【ワンセグTV】という私物で買った品物があったので、【よーし、今回は全話すべて観てやるぞ!】と思いきや、いざ、ワンセグTVでフジテレビにチャンネルをセットすると幻滅する事が・・・。(笑)

その再放送当時は、今みたく、【ワンセグの外部アンテナ】というモノがなかったので、ワンセグTVの内臓アンテナでの視聴だったが、フジテレビの電波の入りが非常に悪く、結局、再放送で観れたのは初回から3話までで、あとの物語はすべて全滅の結果で再放送の視聴も惜しくも【敗れた】形になった。

まあ、結婚している男女の既婚者も、また、独身の男女も【不倫・・・】と聞けば、何か心にビビッと走る電流があるとは・・・僕は思う。

僕だって、一応、立派な人間で成人の大人で、不倫は確かに【浮気】なのだが、本音を言えば【魅了する刺激】は確かにある。

もしかしたら、自分では気付かない意識の【魔性】を感じているかもしれない。

僕は、占いの鑑定士で、【浮気】・【不倫】問題は、長いキャリアの中でうんざりするほど【鑑定しアドバイス】をしてきた。

依頼者の相談を訊いて、【不倫か・・・浮気か・・・】と感じると、依頼者の【熱い想いの悩み】は、理解できるつもりではいるが、世間の一般常識としては、【不倫】は【正しき恋愛ではない】のが、現実で、二人の【燃え上がってしまう想い】は、理解しつつも、鑑定のアドバイスでは、【どんどん燃えろ!】、または、【徹底的に燃え上がれ!】とは、絶対に言えないのが現実の正しき鑑定なのである。

なので、鑑定時のアドバイスは、相手の【想いを理解しつつ】も、やんわりと別れさせるような、【正しき人生の軌道】の【道しるべ】を相手に伝えないといけないので、僕の仕事も本当に、現実の世界は、【正邪の間断なき選択肢】の連続の仕事なのである。

まあ、話は反れたが、僕だって、不倫と聞けば心で【輝き】はある。(笑)

僕だって、もんのすごく美人で綺麗で魔性の女性で、尚且つ、その女性が既婚者で、ある時【好きよ・・・と、迫られたら・・・】、僕だって、本質は、イチコロで一発KOかもしれない。

仕事の鑑定では、やんわり【否定】はするが、僕だって、自分の身に【不倫】が現実にふりかかったら、果たして【正しき選択肢】を選べるか、ちょっと自信がない。

それだけ、【不倫】という言葉に秘められた、摩訶不思議な【魔性の魅惑】がある、という事だ。

なので、僕は再放送の【昼顔】が観たかったが、【敗れたので】、次回に期待しつつ、時が流れ、つい最近、再再放送の【昼顔】が始まったことに、僕は産経新聞のテレビ版のページを観た時、【小躍り】をしてしまった。

今回の【小躍り】には、ちゃんとした意味がある。

今回は、ワンセグTVに【外部アンテナ】という強い味方が加わり、気持ちは、通販サイトAMAZON様様ではあるが、今回はフジテレビの電波の入りが今までの中で最高にベストコンディションの状態なのである。

今回の再再放送は、映画上映に向けてのアピール放送のようなので、僕も今回は本当に気合が入った。

確かに放送は仕事中の時間帯ではあるが、【今回だけは・・・】、放送時間は、録画も作動させて、観れない場合の緊急時にもそなえ、全話、最高の電波良好状態で、観る事が出来、結果は完全に【完勝】であった。

しかし、今回の再再放送を気合を入れて観た理由は他にもある。

ただ、楽しんで観るのは、誰でも出来る。

問題は、その今回の再再放送が、僕の占い師の鑑定の仕事に【どう反映し活きるのか】なのだ。

不倫、浮気問題は、今までの占い師人生、腐るほど鑑定した。

しかし、僕は思う、不倫のその【本質】は、まだ理解は出来ていないと・・・。

正直に自分の人生の事をバラシてしまえば、僕は、昔、妻だった女性と離婚をして、晴れて独身になって、後に運命的に知り合い好きになった女性がいたが、結果的に【不倫】になってしまった・・・という出来事が正直に言えばあるにはある。

その女性と知り合った当初は、その女性は、【独身のバツイチで子供なし】と僕に言っていたが、その女性と交際が進み、ある時流れで一時同棲をしたが、そこからが波乱の人生の幕開けだった。

その女性とは勿論、体の【関係】はあったが、同棲生活が深くなるにつれ、ある時、その女性は、まだ、【ご主人と離婚をしていないの・・・】という話を明かしたのだ。

つまり、離婚届けはまだ役所に出ておらず、ご主人と【別居期間】の中で、僕との運命的な出会いをし、そして、同棲になったという事を話してくれた。

僕は、心の本音から、その女性と結婚したかったので、二人だけの【婚約】を交わした。

僕は、相手の女性は、【独身・バツイチ】だとばかり思っていたので、女性の本性がバレてからは、【不倫】という角度の感覚は、まったくと言っていいほど寸分も心にはなかった。

そして、その女性の【苦しい今までの言い訳】を聞いたが、嘘はついているようには僕には思えなかった。

だから、僕は言った。

【旦那さんとしっかり別れて(離婚)、僕と結婚しよう!】と・・・。

で、結局、結果はどうなったかと言うと、彼女の【ケジメ】がなかった心にも、【決心】が生まれ、【別居】がバレてから一か月後に、彼女は離婚届に判を押し、旦那さんにも判を押させて【同意】した形で、無事、難事の幕は下りたが、その後が最悪だった。

決着がついて数か月後、ある日、僕の仕事が終わり、同棲している彼女の部屋へ、朝、夜勤から戻ったら、彼女は、くも膜下出血で部屋の中で倒れて亡くなっていた。

と、僕の過去には、そんな【苦い・苦しい】人生経験がある。

確かに、彼女の存命中に前の旦那さんと決着を付けさせたが、僕と彼女との別居期間中の出会いは、極論は、【不倫の仲】のお付き合いだったが、僕は決して彼女の旦那さんから彼女を【略奪】したとは、今でも思っていない。

まあ、結果論としては、【略奪】なのだろうが、彼女との出会いは、【独身・バツイチ同士】から始まったので、僕の中では【不倫】の感覚はほとんど最後までなかった。

なので、このブログを読む皆さん、でも、僕は【不倫】の交際だったのでしょうか?(笑)

話を元に戻すが、再再放送の昼顔も全話すべて観られて、人間の素直な想いとしては、不倫は確かに【恋】ではないが、ドラマの続きも知りたいし、僕の本音としても、沙和役の上戸彩さんと斎藤工さんの不倫の中も【成就】させたいし・・・との想いが強く、結局、あのCM・・・バスの中から顔を出して、【北野先生ーっ、北野先生ーっ!】の場面に僕の心が負けて、映画を観たい衝動にかられて、昨日の6月10日・土曜日の、初日の上映の初回の第一回目の上映を、東京都の立川市の映画館へと観に行ってしまった、という事になった。

僕の東京都の国立市の男子寮から、立川市の映画館まで、電車だと、徒歩も入れて20分あれば映画館に到着するが、昨日は天気も最高に晴れて、気温も暑いくらいになる予報だったので、気分が良かったので、【のんびり】行くか・・・と思い、珍しく歩いて立川市の映画館まで、あっち観、こっち観の感覚で、一時間かけて映画館にたどり着いた。

先にも書いたが、僕は今回、17年ぶりの映画鑑賞なので、珍しく童心の思いの中の映画館到着だった。

映画館には、上映時間の40分前に到着して、【余る時間】は、映画館内と映画館があるビル内を散策した、といより冒険をした、と言った方が正しい。

実を言うと、僕は国立市には住んでいるが、国立市より拓けている立川市は、9年も国立市に住んで、【お隣の市】だというのに、まともに立川駅周辺を歩いたことがない。

立川市は、僕の場合、どこかへ用事で出かける時の【通り過ぎる市】というのが正解な感覚と解答だ。

今回は、映画を観終わってからも、立川駅周辺を散策したが、本当に拓けている代表都市だな、と実感する思いであった。

それで、僕が上映40分前に映画館に到着した時は、まだ10名くらいしかお客らしき人がいなかったが、上映20分前になり、昼顔を上映する館内(スタジオ)に入ってから上映10分前になったら、どんどんどんどん客が入ってきて、いつしか館内の座席は、全体の8割も埋まる勢いだったが、しかし、お客はほとんどが女性ばかり。

僕は、行く前から想像で、【今日は、男女のカップルが多いのでは・・・】と思っていたが、見事にその想像も打ち砕かれ、館内の照明が明るいうちに確認できた男性の数は、僕を含めて3人だけ。

あとは、全部女性ばかりで、年齢は、下は、大学生と思われる女性から始まり、上は、50代半ばの中年女性、というのが現状の当日、初回の上映集客観だった。

ドラマのネームバリューのせいか、確かに【人気】がある映画だな、とは思った。

また、不倫をテーマに制作するドラマは、主に【女性側】の方が興味が強く、現場を観て思ったが、男性はあまり、【不倫のテーマ】の映画は、観に来ないんだな、と思った。

しかし、この所感は、僕だけの中の感覚なのかと思い、二回目の上映時間帯の客も観てみたが、集まった客は、やはり大部分が女性ばかりで、男性はほとんどいなかった。

これは、過去の鑑定の依頼者にも言える事だが、不倫・浮気の悩みや問題は、みんなほとんど9割以上が女性である。

そして、今回の昼顔の上映も女性客がほとんど・・・だという事は、【不倫というテーマ】は、女性側に【魅惑】が強いんだなと、判明しました。

それで、本命の映画のストーリーの内容は、と言うと・・・。

まあ、これは、これから観に行く人もいると思うのでちょっとだけお話すると・・・

今回の映画・昼顔は、上戸彩さんと斎藤工さんが、ハッピーエンドのストーリーに進みつつ、最後の終わりの場面は視聴者を裏切る衝撃的な形になっています。(笑)

まあ、極論は、上戸彩さんの【沙和さん】は、略奪には成功したとは思います。

でも、思いました。

僕としては、僕の【希望と想い】を崩されたので、後味がスッキリしない物語でしたが、【不倫をテーマ】にした映画は、やはり、【ハッピーエンド】では、終わってはいけないのでしょうね。

僕個人の意見としては、ドラマは【ハッピーエンド】でもいいじゃないか!

とは、思いますが、やはり不倫は【背徳の行為】・・・・。

一般常識に照らし合わせて観れば、もし今回のドラマを【成就】させてしまうと、ある意味、世間の不倫をしている人たちに、【勢い】がつく事にもなります。

また、世論としても、【不倫GOGO!】になってしまうと、世間の【教育的観点】から言っても、正確には非常によくない現実です。

なので、今回の【ストーリーテラー】の映画制作は、結論的には正解で、ドラマの物語の構成は、昼顔ファンの【願い】も叶えつつ、結論は、世間の常識の結果に違わずに終わらせた、というのが【本筋としての制作】だったのだと思います。

まあ、僕としては、後味は悪いですが、映画の面白みと意外性を狙った角度から考えるならば、ある意味、成功した映画なのではないでしょうか?

興味がある方は、映画館へ衝撃のラストを観に行ってください。

今回の昼顔の映画は、17年ぶりの映画鑑賞になりましたが、そこそこ僕は楽しめたと思います。

まあ、ネットでは今年の12月頃にレンタルとDVDの発売があるようですが、映画・昼顔のDVDが販売されたら、僕は記念の映画として、そのDVDを、【得意のAMAZON】から購入する予定でいます。

上戸彩さんと、斎藤工さんには、今後の活躍を祈りつつ、素晴らしい俳優になってもらいたいと思いました。

上戸彩さんもそうですが、斎藤工さんて、男性から観ても色気がある男性だと思いました。

そして最後に・・・・。

昨日の6月10日は、実を言いますと、亡くなった僕の母親の誕生日でもあり、また離婚した妻との結婚記念日でもありました。
今年の6月10日は、色々な想いが駆け巡る2017年6月10日でした。
まあ、素敵な思い出の日になったと思います。

今回はこの辺で・・・。

今回も僕のブログを読んでくれてありがとうございました。

このブログを観覧するすべての方々の幸せを祈りつつ・・・。

占い師・救済X主宰 菊月孔命


運命転換分析論をお求めの方は、

インターネット無料サービス連盟・救済X-エックス-

http://tetuzinx20152.tokyo/


 

Follow me!

コメントを残す

Translate »
Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ