記録更新・僕の想いはスーパーインカレッジ!

5月15日、月曜日 東京の天候 曇り の 予報 
最高気温23度

今日は5月15日・・・・

5月も、もう中旬になってしまい、本当に月日が経つ時間を早く感じる今日この頃をいつになく迎えている。

今日の東京の空は、どんよりと曇っている。

数日前も本降りになるほどの雨が降り、記憶では久しぶりのお湿りがあった。

僕は、結構、日々の天気で自分のテンションも左右されるせいか、曇りや雨の日は、仕事も気分的に乗らない時もある。

しかし、本日も、また、数日前の雨と言い、やや天候も不調だが、僕は今、結構な【達成感】を感じて本日のこのブログ記事を書いている。

まあ、僕はほとんど毎日と言っていいほど、鑑定をやっている、といってもいいほど、そこそこの仕事が入っている。

正直な話だが、どちらかと言えば、本業の有料鑑定よりも無料鑑定の依頼者の方が断然人数や依頼件数は多いが、今の仕事が【天職または、適職】なのか、この鑑定の仕事に関しては、惰性はない・・・・と言いきれるほど、毎回の仕事はリフレッシュな気分で仕事を毎回こなしている。

今から思うと、まあ、人生経験の浅さもあるが、若い頃は、運ちゃん、所謂、トラックドライバーをずうーっと、占い師になるまでやっていたが、先にも話した通り、その日の天気でだいぶ気分の起伏が違うので、曇りならいざ知らず、雨の日は最悪なテンションで、惰性まみれの感情でよく仕事をしていたのが、今振り返ればホント懐かしい思い出だが、占い師になってからは、自分の心に、【占い】という仕事が非常によくフィットするせいか、あまり惰性になったことがない。

運ちゃんの頃は、配達の荷物が毎日違うだけで、あとは、天候に気分が左右されながら、渋滞渋滞によくハマっていて、気分も最低なせいか、向上心なんていものはなかなか【起こらない】事が多かったが、この占いに関しては、人の人生に関わる仕事のせいか・・・・いや、正確には他人の人生や運命の種々の流転を見つめるせいか、頭の中はいつも鮮明でないと、依頼者の悩みの【本質】が見えてこないので、占い師になってからと言うモノ、【向上心】を奮い立たせる精神は本当に鍛え上げられた。

有料の鑑定に関しては、金額に合う、内容の鑑定のを重視にする仕事だが、無料鑑定に関しては、質の歯止めがないので、【とことん】追求するところは、キリがなく追求と探求をしまくる傾向が僕にはある。

実を言うと、最近、無料鑑定の【新規】の依頼者の相談が、熱い。(笑)

質問数やその内容は、実にシンプルなのだが、【奥が深い】相談や質問をする人が増えてきたので、まさしく、【徹底的】という言葉に相応しい【闘争】を最近僕は繰り広げている。

もちろん、これは【社会人】なら理解してもらえる事だと思うが、【商売】に関しては、ダラダラや徹底的という言葉で仕事をしていたら、稼ぐものも稼げないし、第一、【先へは】まず、進めない。

じゃ、僕がやっている無料鑑定は、所謂、【道楽】の部類に属するのか・・・・というと、これはハッキリ言うがその答えはまったく違う。

僕の無料鑑定の占い、もしくは運命転換分析論の鑑定報告書の【闘争】は、【使命】の次元なので、【有料】というお金に【表すことが出来ない】、奉仕の大闘争なので、正確には【商売】の部類には属さないのが正確な答えだ。

つまり、解りやすく言えば、【幸せは、お金では買えない・・・】、という現実を使命感の中で皆様に【お伝え】している、という事だ。

実は、今回・・・正確には明日(5月16日、火曜日)、無料鑑定の依頼者にお届けする報告書は、【記録更新】の鑑定報告書になる。

僕は今まで、無料鑑定の報告書の文章量は、400字詰め原稿用紙で換算すると、【48枚】が自己最高記録の文章量だったが、今回はその記録を遥かに、という言葉が相応しいほどの【大更新】になった。

相談内容は、実にシンブルな恋愛問題だったが、だがその相談内容は、奥が深く、鑑定する登場人物は、二人分の【徹底的な鑑定】をしなくてはいけなく、鑑定作業も二日間かかり、鑑定作業時間は、有に16時間越えの鑑定内容となった。

その記録とは、400字詰め原稿用紙に換算すると、【 151枚 】という膨大な文章量の無料鑑定になった。

こんな枚数を書くと、このブログを読んでいる皆様は、【そんなに書いて、どうすんの・・・・】と、言うのが本当の本音かもしれないが、この151枚分の原稿量の鑑定は、決してダラダラと書き綴った鑑定報告書ではない。

構成と流れを充分に考え、鑑定内容の断捨離もやるだけやっても151枚まで書かないと、説明が追いつかないご相談内容だったのだ。

まあ、この151枚の原稿の仕事を鑑定料に換算する【グロイ】話をすれば・・・・

普通、世間では、原稿用紙3枚程度の文章量で15000円は、楽に鑑定料をとる占い師もいるが、これに当てはめて計算すれば・・・・

まあ、小数点以下の数字は切り捨てたとしても、ざっと計算すると、明日送る無料鑑定の報告書の鑑定料は・・・・

楽勝に75万円だ!!

こういう風に書くと、いかに世間の占い師が、高い鑑定料金の額で鑑定しているかが、理解してもらえると思う。

この75万円は、原稿用紙の換算に対する料金なので、占いの館のブース鑑定で、16時間占ったとしても、結構な料金の額になることは確かだ。

僕は、それを・・・・・どんなに高額な鑑定料の内容になっても、すべて【無料】という料金体系で仕事をさせて頂いている。

まさしくこの闘いは、【幸せは、お金で買えない】闘いであり、【使命】という言葉に相応しい【大闘争】の平和運動の象徴であると、改めて確信する今日この頃である。

その無料鑑定の大闘争の中で、有料鑑定の仕事を生活できるくらいの仕事量(依頼件数)をこなして、まあ、細々と毎月の安い収入で生活している、というのが僕の現在の人生の軌道だ。

だが、いくらここで、明日お届けする鑑定報告書は【75万円相当の鑑定料】だと、【ほざいても】、明日、メール報告書を読んだ依頼人は・・・ただ・・・膨大な文章量のメール鑑定報告書を送ってきたな・・・・で、たぶんそこで気持ちと言うか相手の所感は終わると思うが、【だからそれがなに?】、というモノは、僕には全然そんなものはない。

要するに、この双方間の中で大切なのは、占い師も【がんばった】、また依頼人も【素晴らしい報告書を手に入れられた・・・】、という事が僕は非常に大切な事だと思っているだけである。

まあ、こんな内容の事を書くと、ブログを読んでいる方々は・・・・

こんな金にもならない【75万円相当の闘い】は、絶対、俺にはできねぇな・・・・・

と思うのが普通の平凡な人の感情や所感だと思う。

確かに、そう考える事は、間違いない思考感覚であり、みんな人それぞれ考え方は千差万別である。

結局のところ、【使命として実感し自覚する者】しかできない人生の歩みなのだと、このブログを読んでいる人は、そう理解してくれれば僕としても幸いに思う。

しかし、今回作成した報告書は本当に膨大な長さのメールだ。

正直、【長さ的】には、大迷惑なメールを送り付けて来た、と思うかもしれないが、しかし中身を読むとニンマリする仕組みなのが、僕には【麻薬】になっている。

また、文章も膨大で、ひとつの短編小説を読むほどの【疲れ】を感じるかもしれないが、その分、鑑定画像もふんだんに使用しているので、まあ、読んだり見たりする上では、決して【飽き】はこないような報告書の造りになっている。

僕はいつも思うが、依頼者という者は、ブース鑑定での相談とメールを通しての相談では、説明と本音と攻撃性が全然違う。

これは携わり、経験をしている人しか理解できない世界であるが、ブースで鑑定していると、つまり相手の依頼人の顔の表情を伺いながらその相手の相談を聞くわけだが、ブース鑑定だと、依頼人の相手も時間と料金を気にしてか、相談の具体的な内容を端折る部分もあるので、なかなか相手の依頼人の【本音】に到達するまで時間もかかり、そして、察するのも至難の技ではあるが、メールの相談だと、なぜかみんなストレートに本音で書いてくる。(笑)

また、僕の無料鑑定の場合、最初の新規のお客様は、世間一般のネット上の【無料鑑定】だと思い、感覚的に【粗雑】なイメージが蔓延っているせいか、鑑定の内容も【そこそこの質素】な感じてあしらわれるんだろう・・・と思って、僕の鑑定の門を叩くみたいだが、いざ、本番で、僕の鑑定報告書を読むと、また読んだ人は、【無料でもここまでやるんですか!?】というびっくりしたお礼のお返事メールを頂く機会が多い、のも事実な話である。

だから僕のやり方と、この味と、不可思議な無料鑑定の感覚を覚えた人は、永遠とリピータを続けて行く人がほとんどだ。

僕のリピーターの依頼者で、最高鑑定記録回数のリピーターは39回目の鑑定を過去に受けた人がいる。

また、39回鑑定をしたからと言って、その毎回の報告書は惰性な内容ではない。

毎回、長文の鑑定報告書をもらうから、依頼人は本当に喜んでくれる。

これが、僕の【菊月流の無料鑑定】の実態なのである。

運命転換分析論の依頼人は、まだ数名しか報告書を送ったことがないが、分析論だろうが、無料鑑定だろうが、僕は容赦はしない。

いつでもどこでも【徹底的な探求】の内容の鑑定報告書だ。

幸せは、どこかにあるものでもない。
また、幸せは、やってくるものでもない。
じっとしていても幸せの方から自分の所へやってくることは絶対にないのだ。
幸せは、誰しも、【自分の力でつかみとる】ものなのだと僕は言いたい。

その幸福の【道しるべ】を毎回、存分にお届けできれば僕も幸せなのである。

明日、お届けする相手の依頼人は、果たして、この報告書を喜ぶか、それたも読むのを放棄するのか・・・・。(笑)

今回も渾身の思いで報告書を書いたつもりである。

明日の依頼人にも存分な幸せをつかんで頂きたい。

そう、僕は祈っています。

みんなで幸せをつかみましょう!

無料鑑定のご希望の方は、遠慮なく申し込んでください。

僕はいつでも【同苦の思い】で毎回闘います。そして闘いを挑みます。


今回はこの辺で・・・。

最後に、【インカレッジ】とは、【勇気を吹き込む】、という意味です。


今回も僕のブログを読んでくれてありがとうございました。

このブログを観覧するすべての方々の幸せを祈りつつ・・・。

占い師・救済X-主宰- 菊月孔命


運命転換分析論をお求めの方は

インターネット無料サービス連盟・救済Xエックス

http://tetuzinx20152.tokyo/


 

Follow me!

コメントを残す

Translate »
Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ