僕は、じっくりどっぷりStargazer!

12月25日・日曜日 東京の天候 晴れ 時々 曇り 最高気温11度の予報
メリークリスマース(^^♪

今日は午前中は曇りがちだったが、このブログの記事を書いている午後1時半過ぎは外は晴れた・・・みたいだ。

実は、今日は東京都国立市は、朝から決戦の戦いの真っ最中なのである。

今日は国立市は、市長選挙の投票日で、二人の無所属の男女の候補が激突している。

僕も今日は、使命の仕事を始める前の朝の7時半過ぎに、指定の最寄りの投票所に行って清き一票を入れてきた。

僕は、貧困に日々意識があるので、今回は、先週一週間、遊説カーで貧困ゼロを叫んでいる候補者に本日は僕の清き一票を入れさせていただいた。

ただ、今日は朝から部屋の中の室温もだいぶ低く、寒いので、厚手のダウンジャケットを着込んで投票所である中学校に行ってきたが、外に出たら、超~寒すぎてぶるってしまった・・・。

選挙の投票から帰寮して、いつもの如く、朝8時半からパソコンを起動して仕事を始めたが、実は昨日、またアマゾンで占星術関係の見た目に分厚い専門書を購入した。

だが、昨日は土曜日でタイミングが悪かったのか、アマゾンでは注文は承って、支払いも昨日のうちに済んでいるというのに、未だに発送のお知らせがこなーーーーーーい。

もう、僕の心臓は、購入した品がまだかまだかとバクバクしているというのに。

今日のブログのテーマは、【 占星術 と Stargazer と 人間の運命 】について、また、ダラダラーっと書き綴りたい。

最近、僕のお気に入りの占星術支援ソフト・アマテルは、ちょっと脇に置いておいて、前回の投稿記事でも書いているが、最近マイブームの占星術支援ソフト・Stargazerに燃え契っている。

最近は、特に、重要度が高い無料鑑定の依頼者の相談に限りStargazerを使用して鑑定している。

たが、Stargazerは、名高いほどに、高性能・高精度と来ているので、やや・・・甘めな占断は絶対にしてはいけない、と自覚、自負している。

であるからに、Stargazerの時の鑑定は、できるだけ、ムカーシ購入した、今の時代でも通用する、超分厚い占星術の専門書たる西洋占星術辞典で、いろいろな意味を調べている。

まあ、占断で、簡単なものに関しては、僕の判断で報告書を書いているが・・・。(笑)

とにかく、Stargazerは高機能・高精度なので、僕も徹底的に精密な占断にこだわっている。

また、ハウスの分割法も、僕的にはポピュラーで世間一般的なプラシーダス法よりも、キャンパナス法とか、レジオモンタナス法が好きだが、最近の依頼者は、出生時間が不明な方が多く、ソーラー法とか、アセンサイン法をよく利用しているが、僕個人としては、最近なぜか、アセンサイン法の分割法が特にお気に入りだ。

出生時間が不明だと、僕の場合、正午・・・つまりPM0:00で設定して鑑定するが、これだと実際の話、ホロスコープの中で一番公転周期が速い、月に誤差がでてしまう。度数的には現れて表示された月の前後6.5度の位置の誤差がでるが、でもだいたい月の位置はわかる。

でも、僕はその誤差を絶対に納得はしたくない。

で・・・たまに出生地も判らない依頼者がいるが、その場合は、最終手段として、本州の中心部たる【東京】で設定すれば、大きなブレは生じないが・・・・僕は性格的に絶対に納得はしない。

正確には、高水準なチャート図は作成されないからだ。

でも。。。。

判らないのはしょうがないよなぁ・・・・。(笑) 

この最近、一か月半ほど、毎日無料鑑定の依頼者に鑑定結果報告書を押せ押せの状態で送り続ける毎日を送っているが、最近はタロット鑑定の依頼者が少なく、Stargazerのお客さんばかりの状態で僕は毎日歓喜に燃えている。

特に鑑定していて、アスペクトで、たまに、ミスティック・レクタングルなんちゅう、120度、180度、60度の派手な角度の集合体のプラネットの関係に出くわすと、僕の頭はフル回転だ。(笑) 

でも、占断はちょっと難しいがやりがいがあって実に楽しい。

まあ、現実問題として、楽しい・・・という表現は正しくないかもしれないが、真剣みに溢れてくる。

会社の仕事の有料の鑑定もそうだが、無料鑑定の大切なお客様も、悩みに悩んでの依頼なので、僕も神経がピリピリするが、鑑定の結末、というか総合的結論がハッピーエンドのお客様の場合は、占断していて僕も【やり切った感】がある。

じゃぁ、それ以外は【やり切った感】はないのか!? というと、そういう意味ではない。

やはり【やり切った感】を感じる鑑定とは、自分の実力も十分に出し切り、依頼者の運命や人生をチャート図から隙がないほどに解読して、それを【解りやすく】依頼者の報告書で解説できたときが、凄い充実感が芽生える。

まあ、それは一種の・・・・お前の自己満足だろ・・・・・・

と言われたら、それまでだが、やり切った感とは、すなわち、その人の人生・運命を【救済】できるのか、それともできないのか・・・・にかかっている問題だからだ。

じゃぁ、やり切った感、とは・・・達成感か? と言われると、僕の場合、達成感とは違う感覚が、やり切った感である。

達成感とは、ゴールに達した・・・という意味だと思うが、やり切った感にはゴールはない。

やり切った感とは、すなわち、【 使命を存分に果たし切っているか? 】、これが本当の核心部であると僕は思っている。

依頼者のそれぞれは、生活環境の物質的な格差はあっても、苦しさの境涯の格差はないと僕は思っている。

つまり、みんな【平等な悩みと苦しみ】だと僕は思っている。

人はそれぞれ、生命の【境涯】が違う。

地獄の苦しみにしか世間が見えない人もいれば、すべての環境や書物の文字までが【仏】に見える生命状態の人もこの世の中には存在する。

でも悩む【苦しみの尺度】は、境涯の差はあれど、感じ方は同じだと僕は思う。

つまり、貧乏人の人の物の欲する欲しさと、まあまあお金持ちの物の欲する欲しさの尺度は同じだと思うので、僕は、貧乏人でも、上流階級の人でも鑑定の世界では、絶対に差別はない・・・。

ただ・・・僕の中では・・・・上流階級の人はうらやましい・・・・・という感情はある。

人間は・・・正確には人は、好きで 貧乏 をしている訳ではない。

また、好きで 失恋 や 不倫や浮気 をしている人はいない。

人間は、ボーダーラインを越える前に、一応、正邪の分別はあると、僕は長い鑑定士の歴史の中で感じていることだ。

ただ・・・・欲求に体が耐えられなかった・・・・という事だ。

みんな、心では、それなりに反省はしているが、始まってしまった運命に対応できないだけだ。

人間は、【許す】ということが出来れば、もっと幸せになれ、幸福感を感じることができると思う。

でも、現実には、なかなか人は理解はしていても 許す ことが出来ない厄介な生き物だ。

人間の人生とは何か?

運命とは何か?

生まれ持った宿業って何!?

みんな例外でなく、人生の中で悩むテーマである。

そのテーマに光を当て、暗雲の中でブレーキを踏まずに、【信用】してアクセルを踏みこめる人生を歩ませるのが僕の仕事であり、重き使命だと自覚している。

悩みのある方は、僕の必殺・無料鑑定塾の門をくぐってほしいと思う。

今回は、この辺で・・・。

今回も僕のブログを読んでくれてありがとうございました。
このブログ観覧するすべての方々の幸せを祈りつつ・・・・。
人生は・・・・・

Stargazer!

 

Follow me!

コメントを残す

Translate »
Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ