来たーっ、大変身・PCライダー2号・ア・マ・ゾーーン!

12月10日・土曜日 東京の天候 晴れ 最高気温13度の予報

さあ、いよいよ前回の記事の結果報告の時がやってきた。(笑) 

本日の投稿記事は、先日、あの有名なAMAZONから購入した続編の最新パソコンでの投稿記事である。

本日のテーマは【コードネーム・AMAZONライダー】でいきたいと思う。

前回の投稿記事で、今回購入したパソコン関係の商品の第一便が到着した事をご報告したが、第二便のノートパソコン本体とパソコンを載せるミニテーブルは7日の水曜日に無事に到着して、これですべての商品が届いたことになる。

その到着ホヤホヤの商品が下の画像である。

この第二便は、7日の午前中に到着したが、もう僕はてんやわんやの忙しい日になった。

この日はもちろん平日で、普段通りに寮の部屋で【在宅鑑定勤務】をやっている真っ最中だったので、午前中に最終便が届いてから、僕の心はもうバクバク状態で、仕事が手につかなくなってしまった。(笑)

まずは、最優先は仕事の有料メール鑑定が先なので、先にその日のノルマの三件メールを終わらしたが、二時前に仕事がなくなり待機の時間になったので、それから速攻で昼食をとり、そして暴走の如くすべての商品の梱包を解いた。

まずは、ノートパソコンの梱包の中身をチェックして、商品漏れがないかを確認したあと、それから他のすべての商品も出して、まずは所定のポジションに収めてからノートパソコンに電源コードを接続して、コンセントにブスリ!

それで邪魔になった梱包の段ボールを隅にどけて、Windows10 の アップグレード用のISOメディアを用意。

購入したミニテーブルの上に最新パソコンを載せて、とにかくパソコンの電源を入れてみた。

そして、間違いなく、購入したパソコンが、Windows7 Pro SP1であることを確認して、バクバク状態の心を鎮めるためにまずはコーヒーブレイク。

そしてインスタントコーヒーを啜りながら、久しぶりにWin7のOSを下見&吟味

搭載メモリもちゃんと4ギガになっているのを確認して、そしてアップグレードの作業の妨げになる、ウィルスソフトを落として、いよいよ本番の時が来た。

マウスも接続して、WiFi子機も接続してネットに繋げてWin10のISOのUSBメモリーを刺して、USBメモリの中のsetup.exeをクリック・・・そして僕は心をトキメカセタ。

果たして、ネットでの噂は本当だろうか・・・・・。

実は、皆さんもご承知かと思うが、Win10の無償アップグレードの終了期日は今年の7月29日で終了となったが、ネットのあるちまたの噂では、終了日以降はアップグレードができないとか・・・いや、できる、とかの噂が広がっていた。

僕の勘は、ISOメディアを事前に作成した人は、終了日以降もアップグレードはできる・・・となんか確信があった。

それで、世間のネットでの解釈では、一回Win10をインストしたことがあるパソコンは、終了日以降もアップグレードはできるが、しかし、一回もハードディスクにWin10をインストしたことがないパソコンは、終了日以降はアップグレードができない・・・・という評論の解釈がなぜか多かった。

僕はISOメディアを作成したので、終了日以降のアップグレードは成功の可能性は大だと思っていたが、もし噂通りにアップグレードできなかったら、最終手段として、終了日以降も無償でWin10にアップグレードできる障碍者サイトにアクセスして、Win10の無償アップグレードをやろう・・・と考えていた。

実際の話だが、一応、僕は障碍者二級である。

そして問題のsetup.exeをクリックしたら・・・なんとソフトが無事に・・・正確には初のISO作成後のアップグレードのソフトが起動した。

その状況が下の画像である。

まずは始まった。

この画面の工程にお目にかかるのは、今まで使用しているメインパソコンのアップグレード以来である。

僕は心の中で、祈るようにアップグレードの作業を見続けた。

幾度かのソフト側のハードウェアのチェックがあり、いよいよ問題の場面になってきた。

実は、アップグレードが進む中で、ネットの噂では、アップグレードが60パーセントまで行ったときに、終了日以降の初のハードへのインスト場合は、途中でアップグレードの作業が緊急停止する・・・との噂があったが、その噂の壁も超えて、アップグレードはここまで順調に進んでいる。

もうアップグレードの工程が75パーセントまで来た、ということは、ほぼ8割は成功したようなものだと、僕は確信した。

それで幾度かの再起動を繰り返し、無事に・・・・・

ジャーーーン!

無事に Windows10 Pro になってしまいました!

さあ、まずは、第一ステップはクリアできて、次のステップのお引越し作業・・・・。

前のWindows2000からの移行の時は、お引越しはUSBメモリーを何度も何度も抜きさしを繰り返してデータの移動をしたけど、今回はデータ量も多いし、現在使用しているメインパソコンのWin10のデータを丸々お引越し・・・というかコピーまたはクローンともいうが、同じ環境のモノを作りたかったので、今回は【お引越し】の専用ソフトを使用した。

それが下の商品である。これも今回AMAZONから一緒に購入した。

そして、この商品の中身に付属していたLANケーブルを接続して、【お引越し作業】が始まった。

その光景が下の画像である。

この上の画像では、ちょっと分かりずらいかもしれないが、実は、この段階で、僕の想像外のことが起きた。

説明書というか、ネット上の解説では、各種ブラウザ、指定メールソフト、ブラウザのブックマーク、まあ俗にいう【お気に入り】と、パスワードと内部の記録されているキャッシュもすべてお引越しの移動ができる【はず】だったのだが、意外や意外・・・・。

僕は【おまかせ】コースのフルオートメーションでデータの移動をしたのだが、実際に移動できたのは、デスクットプ上のデータと、【辞書データ】だけが移動できただけであった。

この結果は、はっきり言って想定外だった。

まあ、慌てはしないが、冷静に再度いろいろお引越しソフトをいじくって、移動できなかったデータを今度は【カスタム】で選択して移動してやろう、と思いきや、各種全ブラウザは移動項目に表示されているのに、チェックボックスにチェックが入れられない・・・・ときたもんだ。

それで、何度挑戦してもチェック項目にチェックがいれられないので、結局は、手動で移動しようと決意

まあでも、メインで使うデータ・・・つまり重要部分の仕事で使うソフトやその他諸々の鑑定データは全部移動できたので、まずは【よしっ!】と合格点を出しました。

本日、この投稿記事を書いている段階では、もうほとんどの引越し作業は終了しました。

あとはWindows10側の自然な自動更新だけをどんどん進めればいいだけで、面倒だった、ブラウザの大量のブックマークのデータも、エクスポートとインポートの工程作業でどうにか、楽に移動できましたが、各サイトのパスワード設定が今回は面倒だったくらいで、あとは楽にお引越しできたと思います。

当面は、メインパソコンと平行に使用していこうと思います。

こうして、今回のPCライダー2号のアマゾンは大成功に終了したのでありました。

まだ100パーセントの完成度ではないですが、今回の新ノートパソコンは、ほぼメインパソコンのクローンに限りなく近い環境下になり使用して分かりましたが、【同じ物】が二台あると非常に便利だという事が今回、クローンパソコンを作ってみて解ったことです。

まあ、Win10の内部更新も、かかってもあと一か月くらいで、メインのパソコンと、同レベルになると思います。

今回は、楽しくもハラハラ・ドキドキの経験をさせてもらいました。

完成が楽しみです。

今回のクローンパソコンの完成品はこちら

今後は、各鑑定作業も楽しくなりそうです。

今回のご報告はこのへんで。

今回も僕のブログを読んでくれてありがとうございました。

このブログを観覧するすべての皆様の幸せを祈りつつ・・・。

最後に、今回、最新パソコン関係の商品でかかった全部の合計金額は・・・・

ノートパソコン本体、ミニテーブル、WiFi子機、マウス、お引越しソフト

17800円でした。

激安でハイスペックは素晴らしい

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

Translate »
Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ